期間工としての経験を活かせること

体力勝負との見方が大きい期間工ですが、その経験は実は多くのことに活かすことができます。

同じ作業をひたすら繰り返すことには忍耐力が必要になります。

そのために、他の仕事に携わるようになると、かなりの働きをする人が多くいます。
普通に仕事をしているだけでは物足りなさを感じるようになるのです。

そこで、同じ作業を行うのであれば少しでも早い時間に終わらせてしまうとか、あるいは同じ時間内により多くの作業を行うよう工夫するようになります。これは期間工として働く上での知恵が活かされての結果となります。



つまり、普通に作業をしていたのでは体力の消耗が激しいので、いかに無駄な動きを無くして効率良く動くかを考えるようになるからです。その考えるという取り組みが習慣になるために、どんな仕事に携わる場合にも考えることが習慣として身につくわけです。
そして物足りなさの原因となる充実感を得るために、仕事の密度を濃くしようと無意識のうちに取り組むようになるのです。
時間内にこなせる仕事の量を少しでも増やそうとしたりするのも、それが理由となります。

OKWaveに関する詳細はこちらです。

さらに経験を積んで指導者としての立場に立った時にも、自分の経験から指導をすることができるようになります。

トヨタの期間工に関しての情報が閲覧できます。

つまり、時間を無駄にしないこと、業務効率を高めることを周知徹底するようになるわけです。
これが起業の利益率向上につながることから、期間工としての経験を持つ人は高く評価されることになるのです。